栄光破壊として賠償について

| コメント(0) | トラックバック(0)

文献・ネットで栄光を痛めることを書かれた時、
栄光破壊として賠償を請求することができます。

ほぼは俳優などが弁護士を立て、発表事務所などを相手取って行いますが、
どれくらいの金額になるのかというと、一般的なマーケットは
100万円ほどといわれています。

但し、エントリー総額から大層低めにのぼるケースが大半です。
とある新聞紙事務所の会長が月刊文献を訴えた実態では、
500万円を請求したのに対して、判決は30万円。
元大臣が発表事務所を訴えた実態では、3,300万円が330万円。
とあるアクトレスが新聞紙事務所を訴えた実態では、2億8,000万円が300万円。

このように、文献・WEBによる栄光破壊の賠償のエントリー総額と実際の額には、
結構開きがあります。
どうしてそういう開きがあるのかというと、
内気がかりを金銭的特長で測っているからだ。

たとえば事故でケガをした場合なら、加療勘定などは簡単にスタイルできますが、
内気がかりは主観によるポイントが広いので、客観的に計算するのが困難です。
ですから、弁護士としてはとりわけ本人が要求する総額を提示しますが、
裁判官としてははっきりしたものさしがない中で
あまりにも高い額の受け取り指令は出しにくいので、
そういう開きが出てくるというわけです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mtangelbrewing.com/mt-tb.cgi/5

コメントする